関東連合元リーダーに懲役15年 1審判決を破棄「格段に軽い量刑」 東京高裁 – 産経ニュース

傲慢な勘違いをしている偽善者どもに敢えて言っておく。

 東京・六本木のクラブで飲食店経営、藤本亮介さん=当時(31)=を暴行し死なせたとして、傷害致死などの罪に問われた暴走族「関東連合」(解散)元リーダー、石元太一被告(33)の控訴審判決公判が18日、東京高裁で開かれた。河合健司裁判長は「実行犯の責任より格段に軽いと評価した量刑は不当だ」として懲役11年とした1審東京地裁の裁判員裁判判決を破棄、懲役15年を言い渡した。

河合裁判長は「襲撃は計画的かつ迅速に行われ、石元被告人も十分予測していた」として、偶発的な犯行であることを重視した1審の判断を退けた。

検察側は1審で懲役22年を求刑したが大幅に減刑されたため「量刑が不当だ」とし、弁護側は「事実誤認がある」としていずれも控訴していた。

判決によると、石元被告は平成24年9月、関東連合の元メンバーらと共謀してクラブに侵入し、飲食店経営の藤本さんを対立する人物と間違えて頭や顔を金属バットなどで殴り、死亡させた。

http://www.sankei.com/affairs/news/141218/afr1412180025-n1.html

許す許さないを決める権利や資格は、俺やお前たち第三者にはない。

当事者たる被害者だけの特権である。

被害者や遺族が死刑を望むなら、無罪でない限り被害者の権利を優先して死刑に処さねばならない!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。